安全なドッグフードを選ぶ基本

BHA・BHTなどの添加物に気を付けよう!

画像

良質ドッグフードによる体質改善例

日本は動物愛護の後進国であることをご存知でしょうか?
未だに、名ばかりの動物愛護センター等で犬や猫などの「殺処分」が行われていることからも、動物に対する考えが非常に遅れているということが伺えます。

そういった、動物に対する国の取り組み姿勢は、ペットフード業界にも反映されています。
例えば、日本のペットフードは原材料のすべてを表示することが義務付けられていませんし、使用する材料に対する制限もありません。
人間の食品として不適格とされる劣悪な素材や、毒性が強いとして人間の食品に使用することが禁じられている発がん性物質なども使用されています。
ペットフードにおいて「国産」「日本製」は、避けたほうがよい劣悪なフードを示している可能性が非常に高いと思ったほうが良いでしょう。

宣伝文句やコマーシャルなどで、安全であるようなイメージやペットの健康に良いようなイメージで売り出している製品が多いですが、一度メーカーに全成分を問い合わせてみて下さい。
危険性・毒性の高い薬品が、安価に製造するために使用されていることがほとんどです。

このような劣悪なペットフードが市場に出るようになってから、犬や猫の病気が増えているのはご存知でしょうか?
アレルギーや癌などなどのさまざまな病気は、フードを良質なものに変えることによって、予防・改善が見込めるのです。

現在、安心してペットに与えることのできるフードのほとんどは外国製の物です。
ホリスティックフード、とネットで検索すると高品質なものが見つかりやすいでしょう。
ネット通販で簡単に購入できるようになっているので、非常に便利です。

ここでは、ドッグフードを市販品から高品質な物に変えたことによって愛犬の体質が改善されたという例をご紹介いたします。

ご飯を変えて皮膚が丈夫になりました。
-栃木県 S様 犬種:トイプードル-

仔犬の頃にペットショップから我が家に迎え入れたトイプードルのちょこ。
元気いっぱいで一見健康体なのですが、季節に関係なく皮膚トラブルを頻繁に起こしていました。

その都度動物病院に連れて行っては投薬や塗り薬の処方などを受け、出来ることは色々とやってきました。
そんなことを繰り返して悩みきっていたある時、あまり得意ではなかったインターネットで、犬の皮膚病について調べていました。

興味深い情報がいくつかありましたが、中でも目からウロコだったのが、「ドッグフードで愛犬の健康を害している」という情報でした。

ドッグフードというか、ペットのフードが如何に危険な物であったかと知り、本当に後悔しました。
それまで病院で売っているメーカーのフードをあげていたので安心していましたが、なんとそのメーカーのフードも危険な物を使っているとわかって、、、
早速、評判の良い原材料も全て安心できるドッグフードをネット通販で取り寄せて試してみました。

幾つか試しましたが、食いつきの悪い物もあったので今は二種類をローテーションで上げています。
その結果、2か月後くらいには皮膚を痒がる様子も見なくなって、皮膚がとても健康になりました。

あのまま以前のフードをあげ続けていたら、、、と思うとゾッとしてしまいます。
病院代も掛からなくなったのも正直な所助かっています。
その分、浮いたお金はおもちゃなどを買ってちょこに還元することにしています(笑)

Copyright© 2009 Dog Food QandA All Rights Reserved.