安全なドッグフードを選ぶ基本

BHA・BHTなどの添加物に気を付けよう!

画像

ウェットフード?ドライフード?

愛犬のご飯を選ぶ際、カリカリタイプのドライフードが良いのか、それともウェットフードが良いのか悩んだことのある方は少なくないでしょう。
愛犬の意見を聞くことが出来れば一番良いのですが、出来るだけ健康面の事などを考慮して選んであげたいですよね。
まず始めに念頭に置いて頂きたいのは、ドライフードにしてもウェットフードにしても、市販品の低品質なフードは与えないでください。
後々の愛犬の病気に繋がります。

ペットフードにおいては「国産」という事は安全性の基準となりませんので、そちらも注意してください。
むしろ、現在の日本のペットフード業界は無法地帯と言っても過言ではないほど劣悪な素材や毒性のある成分を使用しているので、CMや宣伝文句に誤魔化されないように充分注意してください。

愛犬に与えるフードの安全性や品質に十分考慮した上であれば、実はそれほどウェットかドライかにこだわる必要はありません。
敢えて特徴を挙げるのであれば、ドライフードは歯石が溜まりにくく、ウェットフードは歯石が溜まりやすい、ということでしょうか。
また、ワンちゃんによって好みは異なりますが、ドライフードよりもウェットフードのほうが嗜好性が高いという特徴もあります。
老齢になったり虫歯があったりなどの理由で歯が弱いワンちゃんの場合はうぇっとフードしか食べられないという場合もあります。

本当に品質が高いフードの場合は、ドライフードでも良い油を使用して作られているので、それほど気にする必要はないと思いますが、
ウェットフードよりも油分が気になるという方もいます。

このように、ウェットかドライかという点だけでみると、一長一短でどちらが良いとは一概に言えません。
やはり、品質の高いフードを選ぶことは前提として、ワンちゃんの嗜好性を考慮した選び方が一番かもしれません。

ウェットフードが好きなワンちゃんでも、歯石予防にこまめに歯磨きをしてあげれば問題点は解決します。

基本はワンちゃんが好きなタイプのフードを与えて、時々別のタイプをあげるという方法もアクセントとなって喜ばれたりします。

「良い物を食べる」という事が一番大切なので、好きなタイプを与えて、問題点は飼い主が一手間でも二手間でも掛けて解消してあげるとよいでしょう。

ペットと暮らす人に一番意識して頂きたいのは、「ペットの健康は飼い主の判断に掛かっている」ということです。
ワンちゃんは自分で毎日のご飯を選ぶことが出来ません。
すべて飼い主であるあなたが選んでいます。
飼い主が、健康に悪影響が出るような劣悪なフードを選んで与えたとしても拒否することが出来ないのです。

市販フードのみならず、病院で取り扱っているフードにも毒性のある成分が使用されているという現実を踏まえ、
安全で高品質なフードを選んであげてください。

Copyright© 2009 Dog Food QandA All Rights Reserved.