安全なドッグフードを選ぶ基本

BHA・BHTなどの添加物に気を付けよう!

画像

ドッグフードのリスク…合成添加物

ドッグフードと一口に言っても実際には色々な種類があります。
総合栄養食や一般食という括りもありますし、それ以外にも療法食なんていうものも存在します。
それぞれに特徴があるように思えますが、殆どのドッグフードに共通して言えるデメリット・リスクがあります。
それが合成添加物です。

ドラッグストアやスーパーなどに売られているシーバ・アイムス・モンプチなどの安価なドッグフードはもちろんのこと、ロイヤルカナンやサイエンスヒルズダイエットなどの療法食を展開しているメーカーでさえ、当たり前のように合成添加物を配合しているのです。
缶や袋の裏面には記載されていませんが、実際には使用されています。

日本では人間の食べ物に対しては食品衛生法、JAS法、景品表示法、計量法、健康増進法、薬事法などの法律に基づいて全ての原材料を表示しなければいけません。
それに対して、ペットフードは任意表示。
つまり、裏面には全ての原材料が表示されている訳ではないのです。
メーカーに直接問い合わせてみると分かりますが、上記のメーカーはもちろん、ほとんどのメーカーが合成添加物を使っています。

この合成添加物は非常に危険であると考えられています。
疾患・病気を誘発することもある様です。

合成添加物としてドッグフードに配合されるものの代表例としては、BHTやBHAなどが挙げられます。
BHTとは、ブチル化ヒドロキシトルエンの略称です。
ドッグフードに配合される理由としては「保存料・酸化防止剤」としての役割を持っています。
つまり、ドッグフードの腐敗を防いでいるのです。
これによって、ドッグフードの消費期限は信じられないほど長くなります。
飼い主にとっても便利ですが、販売者にとっても便利になります。
なぜなら在庫期間がかなり長くなっても廃棄する必要がないからです。
いつまでも売り物として店に置くことができます。

しかし、それには恐ろしい代償が必要なのです。
それが愛犬の健康を脅かすということ。
具体的に言うと、BHTには変異原性が認められています。
つまり、癌の原因になる可能性があるということです。
さらに、催奇形性の疑いもあると言われています。
アメリカでは人間用の食品への配合が認められていますが、それでも乳幼児用食品への使用は禁じられています。
日本ではBHTやBHAを人間用の食べ物に使用すること自体を禁じています。
ルーマニア、スウェーデン、オーストラリアでも同様に使用を禁じています。
それにも関わらずペットフードへの使用は認められているのです。

ドッグフードを選ぶときは合成添加物の使用の有無に気を付けましょう。
もちろん使用されていないものを選ぶことをおすすめします。

Copyright© 2009 Dog Food QandA All Rights Reserved.