安全なドッグフードを選ぶ基本

BHA・BHTなどの添加物に気を付けよう!

画像

手作り食よりホリスティックフード

最近ではドッグフードの危険性が頻繁に叫ばれるようになってきています。
その具体的な背景としては、BHAやBHTなどの合成添加物の存在が挙げられます。
これらの合成添加物は日本国内では人間の食べ物に混ぜることを法律により認められていません。
つまり「毒」と見做されているのです。
しかし、ペットフードの中には当たり前のように使われています。
ドラッグストアなどに含まれている一般的なドッグフードだけでなく、ペットショップや動物病院で購入できる療法食などにも配合されています。
特にフードを意識しないでいると、愛犬に毒を日常的に与えてしまっている恐れもあるのです。
そんな危険性から最近では原材料がしっかりと確認できる手づくりのフードを積極的に愛犬に与えている飼い主も少なくありません。

確かに手作り食には様々なメリットがあります。
例えば、上記の様に原材料を確認することができるということ。
人間が食べるものと同じレベルの十分に安全な原料を飼い主自らが選定することができます。
また、合成添加物の心配も要りません。
人間の料理と同じように、調理していく訳ですからね。
保存料などを入れる必要はもちろんありません。

この二つのメリットを考えると、手作り食には殆どデメリットがないように考えられます。
一般的な粗悪なドッグフードのデメリットを十分に払拭できている訳ですからね。
しかし、それに対して「作り手が素人である」という点が手作り食ならではの大きなデメリットとして生じてしまうことになります。

いくら愛犬を大切にしていても、犬にとって必要な栄養素を一日一食まで落とし込んで考えていくのは非常に難しいと言えるでしょう。
人間とは根本的に消化器官のつくりも違いますし、必要な栄養素も違うからです。
手作り食で適切な栄養バランスを保つのは非常に難しいのです。

例えば、犬は消化器官が人間に比べて短いと言われています。
そして、元々は肉食の動物である為に穀類や野菜よりも肉を多く必要としています。
しかし、人間が食べる様な豚・牛などにはアレルギー源となってしまうリスクが高く、皮膚病の原因にもなると言われています。
さらに穀類や野菜を与え過ぎると、消化器官に負担がかかってしまいます。
これらのポイントは基本的な点に過ぎません。
さらに、ビタミン類・タンパク質・ミネラルなどのバランスなどを考えていくとなると、素人には限界があると言わざるを得ないでしょう。

それを踏まえると、やはり手作り食は栄養面でおすすめはできません。
添加物・原料・栄養面という三つのポイントを押さえた理想的なフードとしては、ホリスティックフードが挙げられます。

Copyright© 2009 Dog Food QandA All Rights Reserved.