安全なドッグフードを選ぶ基本

BHA・BHTなどの添加物に気を付けよう!

画像

病気予防の為に知っておこう!

安全性の高いドッグフードを選ぶことで得られるメリットのなかでも特に重要なのが、愛犬の健康を管理できるということでしょう。
より品質の高いドッグフードを選ぶことができれば、愛犬の健康をしっかりと守ることができます。
逆に粗悪なドッグフード、つまり、化学保存料や着色料などの合成添加物が使われているものや原材料の品質が悪いものを選んでしまうと、それが原因で愛犬の健康が蝕まれてしまうこともあります。
そういった余計なリスクを減らし、さらに、免疫力を向上させてあげることもできる訳ですから、ドッグフードというのは、本当に肝心なポイントになります。

また、フードから健康をサポートできるようになれば、動物病院にかかる際の費用も激減します。
その点を考えれば、ある程度値段は高くても、できるだけ品質が良いものを選んだ方が良いでしょう。

多くの粗悪なドッグフードは原材料として穀類を使用しています。
もちろん穀類から摂りたい栄養素もあります。
しかし、必要以上に穀類を使用するのは愛犬の健康を脅かす大きなデメリットになってしまいます。
それにも関わらず、多くのメーカーでは穀類をたっぷりと使用しています。
全体の多くの割合を占めてしまうものも少なくありません。
この理由としては、メーカーにとって穀類を沢山使うことはコスト削減につながるということが挙げられるでしょう。

では、穀類はなぜ犬に悪い影響を与えてしまうのでしょう。
その背景には、犬が本来は肉食の動物であるということが挙げられます。
犬は家畜化されていく過程で少しずつ植物も食べられるように対応してきたのですが、それでも本来は肉食の動物。
つまり、人間以上に肉を食べることが必要なのです。
それにも関わらず、人間と同じように穀類ばかり食べていては体調に大きな悪影響をきたします。
それだけではなく、消化器官にも負担がかかってしまうでしょう。
こういったデメリットがある為に、穀類には気を付けなくてはいけません。
高品質なフードの中には、穀類を使用していないものも存在します。
もちろん完全に入っていないものを選ぶ必要はありませんが、できるだけカットされているものを選ぶように心がけてあげたいところです。

また、牛肉や豚肉にも注意が必要です。
肉類の中でも、これらの肉は犬にとって非常にアレルギー性が強いからです。
皮膚病などの原因にもなってしまう可能性があります。
鶏肉や羊肉がメインに使われているものを選ぶのが理想的です。
鶏肉の中でもササミはリンが多く含まれているため与えないことをおすすめします。

Copyright© 2009 Dog Food QandA All Rights Reserved.